HSPのライフコンパス

内向型HSP!40代独身の低収入×役立つライフスタイル(全般)情報満載!ゆるく節約しながら自分磨き!

【一人暮らしでの自炊が面倒】対策と自炊を長く続けるコツは?

 

 

みなさん!こんにちは!

たえちんです。

 

独身の方にとって、自炊は面倒な作業かもしれません。

しかし、自炊をすることには多くのメリットがあります。

 

例えば、自分の好きな食材を使って健康的な食事を作ることができますし、外食よりも経済的です。

また、自炊をすることで料理のスキルも向上させることができます。

 

面倒な作業かもしれませんが、自炊を続けることで充実した食生活を送ることができます。

 

一人暮らしでの自炊が面倒と感じる時の対策

 

一人暮らしの自炊が面倒だと感じたときの対策」を読むことで、忙しい日々の中でも、面倒に感じる自炊を継続するための実用的な方法やコツを知ることができます。

 

これによって、健康的な食事を簡単に準備し、自炊の負担を減らす方法を見つけることが可能です。

レシピを簡単にする

 

複雑なレシピは避け、必要最小限の材料と手順で料理を作る。


計量をしない

 

目分量で調味料を加えることで、計量にかかる手間と洗い物を減らす。


作り置きを活用

 

一度に多めに作っておき、数日分の食事を準備しておく。


洗い物の削減

 

使用する食器や調理器具を最小限に抑える。


即席・冷凍食品、レトルト食品を活用

 

 

 

忙しい時は冷凍食品やレトルト食品を上手に取り入れる。


食材の工夫

 

切る手間が不要な食材や、調理済みのカット野菜を利用する。


栄養バランスを考慮

 

簡単でも栄養バランスの良い食事を心がける。


宅配サービスの活用

 

時間がない時は、宅配弁当や食材宅配サービスを利用する。

 

初回限定1980円だからお得。

 

お試しだから定期ではないのも安心。

 

 

今すぐお得に購入する

 

↓こちらのおうちコープの無料で資料請求できます。

 

           

 

 

 

↓合わせて読みたい↓

 

www.lifestyle15.com

 

節約中でも、宅配サービスは高く感じられるかもしれませんが、週に一度は休息として利用すると良いでしょう。

 

これらの方法は、自炊を続ける上での負担を軽減し、忙しい一人暮らしでも健康的な食生活をれ支える手助けとなります。

 

 

 

自炊を長く続けるコツ

ここでは、「自炊を長く続けるコツ」についてご紹介します。

レトルトや冷凍食品の上手な使い方、買い物の頻度の調整、カット野菜の活用など、自炊を効率的で楽しいものにするためのアドバイスが満載です。

 

この記事を読めば、忙しい毎日の中でも無理なく自炊を継続する方法を知ることができます。

 

レトルト食品、缶詰、冷凍食品をストックしておく

 



非常時に非常に役立ちます。

 

賞味期限が長い食品を用意しておけば、簡単に料理の一品を増やすことができます。

健康に配慮する場合は、添加物が少ない商品を選ぶと良いでしょう。

 

ご飯を多めに炊いて小分けにして冷凍

 

休日に炊飯器でご飯をたくさん炊いて、ラップで包んで冷凍しておくと便利です。

ご飯さえあれば、すぐに食事を用意できます。

 

納豆やしらす、わかめ、ツナ缶、サバやイワシの缶詰、レトルトなどがある場合は、それらをそのまま加えるだけで完璧な食事になります。

 

買い物は毎日行かないでまとめ買いをする

買い物は基本的に週に2回が良いでしょう。

 

ただし、購入し忘れたものがない場合に限ります。

自炊に慣れるまでは、週に2回の買い物を目安にすると良いでしょう。

 

カット野菜、調理済食材を上手に利用する

 



カット野菜や調理済み食材は、手早く調理できて便利ですね。

私もよくキャベツやサラダを買います。

 

キャベツはカットするのが少し面倒ですから、面倒くさがり屋さんには特におすすめですよ。

無理をしないでお惣菜やコンビニ食、外食も活用する



 

 

こちらはセブンの商品ですが、特にアサリご飯がとても美味しくて、再び購入したいと思っています。

 

ただ、一度購入したきりで、その後店頭で見かけることがありません。価格も400円以下で手頃だったので、おすすめです。

 

頑張りすぎないで、楽しむことも重要です。

節約を理由に無理をしてしまうと、疲れるだけでなくストレスも溜まってしまいます。

 

コンビニの食品でも、添加物が少ないものを選べば大丈夫です!

好きなものを食べることは重要です。

 

時々のコンビニ食品も問題ありません。

 

作り過ぎた場合は冷凍保存やアレンジ料理をする

 

食べ物を無駄にしないためのアイデアを工夫しましょう。

余ったおかずやご飯は、冷凍保存するのが一般的です。

 

翌日の食事に利用したり、別の料理にアレンジすると良いでしょう。

 

↓こちらの動画は、様々な冷凍保存の仕方を配信しています↓

 

時短・節約・食材の無駄なし

 


www.youtube.com

 

自炊のメリット

自炊は、まず食費の節約につながります。外食よりもコストを抑えることができ、また、自分好みの味付けや食材を使った料理を楽しむことができます。

 

さらに、健康的な食事を摂ることができ、栄養バランスを考慮した料理を提供します。

料理をすることで、料理スキルも向上し、新しいレシピや技術を知ることができます。

 

ここでは、自炊のメリットをご紹介します。

食費の節約

 

自炊は外食に比べてコストを抑えることができます。

 

好みの食事を楽しむ

 

自分で調理することで、好きな食材を使い、味付けを自分好みに調整できます。


健康的な食事

 

添加物が少なく、栄養バランスを考慮した食事を摂ることが可能です。

 

料理スキルの向上

 

定期的に自炊をすることで、料理の腕前が自然と上がります。

 

自炊のデメリット

先程は、自炊のメリットをご紹介しましたが、デメリットもあります。

 

まず、自炊には時間と労力が必要で、食材の選定、調理、後片付けには相応の時間がかかります。

また、一人分の調理では食材の無駄が出ることもあります。

 

さらに、自炊を始めるには初期投資が必要で、調理器具や調味料などの購入が必要です。最後に、生ごみの処理も手間がかかります。

 

これらのデメリットを克服するためには、計画性と効率性が求められます。

時間と労力の消費

 

食材の選定、調理、後片付けには相応の時間と労力が必要です。


食材の無駄

一人分の調理では食材を使い切れずに無駄になることがあります。

 

 初期投資

 

調理器具や調味料など、始めるための初期投資が必要です。

 

生ごみの処理

 

生ごみの処理は、調理に伴って発生し、その処理には手間がかかるものです。

それはかなり面倒な作業と感じられることが多いです。

 

まとめ

今回は、一人暮らしの自炊面倒についてお話しました。

 

記事の見出しまとめを作成しますね。

1. 対策:自炊を続けるコツ
   ・レシピを簡単にする
   ・計量をしない
   ・作り置きを活用
   ・洗い物の削減
   ・ 即席・冷凍食品、レトルト食品を活用
   ・食材の工夫
   ・栄養バランスを考慮
   ・宅配サービスの活用

2. メリット
   ・ 食費の節約
   ・ 好みの食事を楽しむ
   ・健康的な食事
   ・ 料理スキルの向上

3. デメリット
   ・時間と労力の消費
   ・食材の無駄
   ・ 初期投資
   ・生ごみの処理

 

自炊は時に面倒な作業に感じることもありますが、その努力には多くのメリットがあります。

自分の好みに合った食事を楽しむことや、健康的な食事を摂ることができます。

 

また、料理を通じて新しいスキルを身につけることもできます。

 

自炊を続けるためのコツを紹介しました。

これらの方法を意識することで、より効率的に自炊を行い、より充実した食生活を送ることができるでしょう。

自炊は食費の節約にもつながりますが、さらに重要なのは自分自身の健康と幸福です。ぜひ、自炊を通じて健康的で充実した生活を楽しんでください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。