HSPのライフコンパス

内向型HSP!40代独身の低収入×役立つライフスタイル(全般)情報満載!ゆるく節約しながら自分磨き!

【一人暮らし必見】自炊しても節約にならないNG法!デメリットと解決策も解説

みなさん!こんにちは!たえちんです。 

一人暮らしで自炊をしても、節約にならないことがありますよね。

 

実際には、自炊を通じて食費を節約するためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

 

以下に、一人暮らしの自炊で節約が難しいNG自炊法と、成功するための方法を解説します。

 

 

一人暮らしで自炊しても節約にならないNGな方法

 


一人暮らしをしていると、食費は生活費の中でも大きな割合を占めます。

そのため、自炊をすることで節約をしようとする人は少なくありません。

しかし、自炊をしてもなかなか節約が実現されないこともあります。

 

なぜなら、間違った方法で食材を購入したり、効率の悪い調理方法を取ってしまうと、逆に無駄遣いをしてしまうことがあるからです。

 

ここでは、 一人暮らしで自炊しても節約にならないNGな方法をご紹介します。

これらのNGな方法を避け、効果的な節約方法を取り入れることで、食費を節約し、より効率的な生活を送ることができるでしょう。

 

 

見たレシピに必要なものをその都度購入する

 

レシピを見て必要な食材を都度購入するのは、節約には向かない行動です。

レシピ通りに作ろうとすると、新しい食材ばかりを購入し、出費が増えてしまいます。

 

使いまわせる食材を購入しない

 

食材を使いまわせるように選ばないと、食材が余ってしまいます。

特に一人暮らしの場合、一食分に使う食材の量が少ないため、使いまわせる食材を選ぶことが大切です。

 

高い食材を購入している

 

高価な食材を選んでいませんか?

 

特に肉や野菜は価格が変動しやすいため、安価な食材を選ぶことで節約できます。

 

スーパーの特売日を利用していない

 

スーパーの特売日を活用しないと、高い価格で食材を購入してしまいます。

 

価格の変動に注意し、安い日にまとめ買いをすることをおすすめします。

 

毎食完璧につくろうとする

 

毎食完璧に料理を作ろうとすると、時間とお金がかかります。

 

一人暮らしの場合、効率的に調理することが節約につながります。

 

自炊で節約を実現するための12のポイント

 





自炊を通じて節約を実現するための5つのポイントを知っていますか?

食費を抑えるためには、効果的な方法を取り入れることが重要です。

自炊で節約を実現するには以下の12のポイントを押さえることが大切です:

 

節約食材をベースに作る

 

食材を余らせないように、節約食材をベースにレシピを考えましょう。

 

もやしや鶏の胸肉など、安価で使いやすい食材を選ぶことがポイントです。

 

レシピで代用できる食材を選ぶ

 

高価な食材がある場合、代用できるものを探してみてください。

 

葉物野菜など、似たような食材で代用することができます。

 

使わない食材は冷凍する

 

使いきれなかった食材は冷凍しておくと、再購入コストを抑えられます。

 

冷蔵庫に詰め込みすぎると電気代が高くなることがあります。

一方で、冷凍庫をいっぱいにすると、電気代を節約できることが多いです。

 

 

おかずは作り置きをする

 

作り置きをすると、時間の節約だけでなく電気代も節約できます。

始めるのは大変かもしれませんが、おすすめします。

 

週末にまとめ買いをする

 

安い日にまとめて食材を購入することで、節約につながります。

 

高い食材を購入している

 

高価な食材を選ばないようにしていますか?

特に、肉や野菜のように価格が変動しやすい食材は、安価なものを選ぶことで節約につながります。

 

麺類は、うどんが安くておすすめです。

 


ちなみにお気に入りのわかめ粉末を使ったわかめうどんです。

 

うどんだけで30円ぐらいですし、簡単にできます。

 

かにかまは、100円以内で購入できます。

 

特に万能な食材

 

・もやし

・キャベツ(半分)

・オクラ

・じゃがいも

・玉ねぎ

・白菜(半分)

・バナナ

・ヨーグルト

・うどん

かにかま

・厚揚げ

・黒はんぺん

・納豆

・豆腐

・こんにゃく

・きのこ類

・鶏むね肉

・豚肉

・缶詰(サバ、いわし、ツナなど)

・乾物

・卵(けど、最近は高いですね)

・アボカド(安いときと高いときで70円ぐらい違う)

など

 

 

糸こんにゃくを使った焼きそばは、健康的で経済的な選択として非常におすすめです。

 

 

 

糸こんにゃくは、ヘルシーな焼きそばやオム焼きそばによく使います。

また、肉じゃがやすき焼きにも適していますね。

 

 

 

このワカメスープは粉末を入れてお湯を注ぐだけで簡単に作れるので、自炊が面倒な時に便利です。

 

さらに、30日分が1000円と非常に経済的です。

 

何も食べるものがないと感じた時にあると重宝します。

 

 

これらは、わりと安く購入できておすすめです。

 

1食あたり約33円という価格は、非常に優秀ですね。

 

 

わかめのお茶漬け風にもできちゃいます。

 

 

 

ご飯にわかめ粉末をかけてお湯をかけて完成。

 

スーパーの特売日を利用していない

 

スーパーの特売日を活用しないと、高い価格で食材を購入してしまいます。

 

価格の変動に注意し、安い日にまとめ買いをすることをおすすめします。

 

毎食完璧につくろうとする

 

毎食完璧に料理を作ろうとすると、時間とお金がかかります。

 

一人暮らしの場合、効率的に調理することが節約につながります。

 

週末に作り置きをする

作り置きをすることで、電気代の節約にも時短にもなります。

 

食材の保存方法を工夫する

 
 食材の鮮度を保つために、適切な保存方法を知っておきましょう。
野菜は冷蔵庫の野菜室で、肉や魚は冷凍庫で保存すると長持ちします。

 

余った食材を活用する

 

 使いきれなかった食材は、別の料理で活用しましょう。

 

例えば、野菜の余りはスープや炒め物に、肉の余りはカレーや煮物に使えます。

 

節約メニューを工夫する

 

安価な食材を使った節約メニューを考えてみてください。

 

もやし炒めや卵焼き、豆腐料理などは手軽に作れて経済的です。

 

食材の量を調整する

 

一人暮らしの場合、食材の量を適切に調整しましょう。

大量に作って余らせるより、必要な分だけ作ることで無駄を減らせます。

 

 

食材の賞味期限に注意する

 

賞味期限が近い食材は、早めに使い切ることが大切です。

無駄をなくし、賞味期限内に食材を活用するためにも、計画的に料理をしましょう。

 

例えば、あまり使わない焼き肉のたれは、自家製で作ることをお勧めします。

 

賞味期限を過ぎると、無駄な支出が増えるだけでなく、健康にも良くない影響を及ぼします。

そのため、焼き肉のたれにかける費用を、健康に良い食材に充てることが望ましいです。

 

 自炊を通じて、おいしい料理を楽しみながら節約を実現してくださいね!

 
 自炊にはデメリットもあります。
 

自炊のデメリット

 
電気代や水道代など、家計に負担をかけることもありますし、料理をする際には食器類の洗浄や片付けも必要ですから、手間がかかることもありますよね。
 
また、料理が苦手な場合は、準備や調理の過程が面倒に感じられることもあるでしょう。
 
ただし、自炊のメリットとしては、健康や栄養バランスの管理がしやすく、外食よりもコストを抑えられるという点もあります。
 
自分で料理をすることで、食材の選択肢や調理方法を工夫することができ、食事の満足度も高めることができます。
 

自炊デメリットの対策方法

 

上記のポイントをもとに、それぞれの対策を考えてみましょう。

 

電気代がかかる

 電気代を節約するためには、調理器具やオーブンの使用時間を短くする方法を探すことが重要です。

エコで効率的な調理方法や器具の利用を検討し、例えば鍋や圧力鍋を使う調理法や、電気を消費しない料理方法を選ぶことが有効です。

 

食器などの洗う手間がある

 料理の際に使う調理器具や食器をできるだけ少なくすることで、洗う手間を減らします。

使い捨てのアルミホイルやクッキングシートを使うことも考えられます。
 

食器洗い機の活用や、調理中に使った器具や食器を洗いながら進めることで、後片付けの手間を軽減します。

 

料理が苦手だと面倒に感じる

 

 簡単で時短できるレシピや調理法を探して取り入れます。

調理時間を短縮するために、調理器具や調味料の準備を事前に済ませることも有効です。

 料理のスキルを向上させるために、料理教室やオンラインの料理動画を利用して基本的な技術やレシピを学びます。

 

これらの対策を取ることで、自炊がより効率的で楽しいものになるかもしれません。

 

最も大切なのは、無理なく自炊をすることです!

カフェや外食が好きな場合でも、それをやめることなく、自炊と外食の両方を楽しむことが重要だと思います。

 

まとめ

 

今回の記事では、「自炊で食費を節約するためのNGな方法と成功の秘訣」ごお話しました。

 

NGな方法


1. 見たレシピに必要なものを都度購入する。
2. 使いまわせる食材を購入しない。
3. 高価な食材を購入する。
4. スーパーの特売日を利用していない。
5. 毎食完璧につくろうとする。

 

成功のための方法


1. 節約食材をベースに作る。

2. レシピで代用できる食材を選ぶ。
3. 使わない食材は冷凍する。
4. 作り置きをする
5. 週末にまとめ買いをする。

 

自炊デメリットの対策方法


1. 電気代がかかる

 

電気代を節約するエコな調理方法を検討し、調理器具やオーブンの使用時間を短縮する。


2. 食器などの洗う手間がある

 

調理中に使った器具や食器を洗いながら進めることで後片付けの手間を軽減する。


3. 料理が苦手だと面倒に感じる

 

簡単で時短できるレシピや調理法を採用し、料理のスキル向上のために料理教室やオンラインの料理動画を活用する。

 

これらのポイントを押さえて、自炊を通じて節約を実現し、より効率的かつ楽しく食事を満喫しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。